一般社団法人日本プラスチックサイン協会(JPA)







ご挨拶


  ・プラスチックサインの歴史

  私たちの周囲には大小様々な看板があります。その歴史をひも解きますと、店の軒下に
  商品を吊るして目印にしたのが始まりだと言われています。
  経済発展と共に看板は小さなものから大規模なものまで幅広く普及しました。夜間の
  表示のために、看板をランプで照らす方法や内部に照明を入れた行灯看板などが考案
  されました。
     行灯看板の表示面にはガラスが使われ、裏側にタンポで顔料を塗布して文字や柄を
  表現していました。これらの看板はその長い歴史の中でずっと手造りの一品製作でした。
  それが昭和30年代にプラスチック成型による大量生産が可能になり、看板の歴史が一
  気に塗り替えられたのです。
     チェーン展開をする様々な業種の店舗、銀行、オフィス、一般商店、ビルの大型サイン
  まで、ほとんどのサインにプラスチックは欠かせない素材となりました。



  ・協会のあゆみ

  新しく世の中に登場したプラスチック看板の製造会社と、取付けをする工事会社がネット
  ワークを組んで1968年に全国組織として結成されたのが日本プラスチック広告協会(当
  協会の旧名称)です。
     日本プラスチックサイン協会(JPA)は、メーカーと工事会社によって構成される唯一の
  組織であり、その強みを生かして広告主の皆様に満足して頂けると共に、業界も発展で
  きるものと考えます。
     現代の看板では、照明の光源として新たにLEDが実用化され、次世代の光源として
  は有機ELが注目されるなど日々技術革新が進んでいます。JPAメンバーは常に先進の
  技術を以て全国にサインを送り出しています。



  ・JPAの使命

  低炭素社会に向けて、私たちは更に省エネで超寿命なサイン、産業廃棄物の削減、リ
  サイクル率の向上などをプラスチックサインの課題とし、その実現によって社会に貢献するこ
  とを使命と考えております。
    会員相互の連携により更にハード、ソフト両面での向上を図り、今日の社会の要請で
  あるコンプライアンスの徹底、優れた都市景観や住環境の形成に努めてまいります。

                                                               
                                                                   2009年      会長  横山